剪定情報館

伐採・剪定・芝刈り等に関するお役立ち情報まとめ

剪定とは

剪定とは、手入れとして地面に生えている植木の枝をカットしたり、見た目を重視して形を整えたりする作業を指します。剪定と思い浮かべると、広いお庭で職人さんの方が長いハサミを持って庭木の剪定をされている姿を想像されていると思いますが、あれも立派な剪定作業になります。植木の剪定、普段人の手に届かないところも行われますが、そのために長い剪定バサミが活用しているんです。植木の種類によりますが、脚立に上がっても手が届かない場合があるので、職人さんはよく長い剪定バサミを用いています。仮に脚立に立ったまま剪定しようとしても、思うように剪定をすることができなくなりますし、また、脚立が何らかの拍子で揺れたりすると、バランスを失って転倒してしまう危険性があります。それを避けるために、剪定バサミは欠かせないアイテムと言えますね。長い剪定バサミでも刃が短い物と長い物がありますので、どちらが良いかは人それぞれになると思います。

お庭が荒れてしまうのを防ぎます

お庭が荒れてしまうのを防ぐ目的として、剪定は必要になってきます。例えば、枝が伸び切った植木をそのままにしておくとどうなるでしょう。枝から取れた葉っぱがたくさんお庭に落ちていき、気が付くと、お庭の地面にはたくさんの葉っぱが落ちているという状況になります。これでは、見た目がよろしくありませんし、来客がこれを見たら、悪い印象を持ってしまうかもしれません。なので、剪定ができるうちは、早いうちに剪定を行った方がいいでしょう。剪定は自分で行うこともできますが、注意をしないと剪定中、怪我を負ってしまうこともあります。怪我をすると、剪定どころではなくなってしまうので、気をつけて剪定を行うようにしましょう。

剪定のお願い

長い剪定バサミを使えばハサミで指を切る心配は無くなるかのように思えますが、油断してはいけません。怪我というほどではありませんが、手を持つ柄の部分に指を挟んでしまうことがありますし、また、ご自分じゃなくても、近くに人がいると、その人にハサミがぶつかってしまう恐れもあります。もちろん、充分な注意力を持って剪定をすることが大切ですが、もし、怪我をしてしまう不安があれば、剪定をお願いできる専門業者にお任せすることをオススメいたします。剪定のプロである専門業者は、依頼人の要望どおりに剪定をしてくれると思います。是非一度、お願いしてみてはいかがでしょうか?